検索

検索   

離婚問題カテゴリに含まれるホームページ (合計:2サイト)1 - 2

福岡の探偵、興信所 福岡興信所

探偵事務所のポータルサイト!!九州、福岡の不倫・浮気・結婚調査・盗聴器発見等、貴女が抱えるお悩みを一発解決。浮気調査の調査料金、賢い離婚の進め方、慰謝料、親権問題等を取り扱うサイトです

更新日:2009/04/13(Mon) 16:03

福岡の探偵、興信所 福岡興信所へ直接移動  [修正・削除]

- 自由カテゴリ: [探偵](109) [福岡](175) [調査](119) [浮気](65) [不倫](13) [無料](4687) [興信所](84) [九州](49) [佐賀](30) [長崎](28) [大分](20) [熊本](27) [宮崎](4) [鹿児島](30) [浮気調査](44) [素行調査](15) [離婚問題](2) [調停](5)

離婚相談bz

私自身、幼いころに両親が離婚し、自分自身も大人になってから離婚を経験しました。子供にも、とても辛い思いをさせたと思います。私は決して離婚そのものを勧めるつもりはありません。もしも夫婦関係の修復が可能であれば、その方が良いと思っています。夫婦関係を修復するにあたっては、夫婦間での約束事項を取り決め、きちんと文書に残しておくことも、一つの方法です。ただし場合によっては、離婚以外に選択肢が無い場合もあるでしょう。そのような人生の再スタートにおいては、あとで後悔したりトラブルが生じたりしないようにしたいものです。「予防に勝るトラブル回避方法はなし」何事もトラブルが生じてから過分の時間や費用、労力、などを費やすより、事前に予防するに越したことはありません。そのためには、離婚の成立時、きちんと条件の取り決め等をしておくことが肝要です。事前に離婚条件を決めて書面に残しておいた方が、トラブルの予防になり、双方にとって合理的です。もちろん条項の有効・無効など、法律上の注意点も押さえておかなければなりません。離婚協議書は、将来の紛争を未然に予防し、将来的な安心を得るために重要なものであります。万が一の事態が発生した場合に法的救済を受けるためにも、とても大切なものです。特に、お子さんがいらっしゃる場合、不動産の処分や使用が関わっている場合、その他支払いが長期にわたる場合、などは、公正証書にしておくことをお勧めします。私は、身近な「街の法律家」として、一般的な法的解釈を踏まえた上で適正なアドバイスを行ない、トラブルを事前に予防するためのサポートをしています。また、もしも一方的に不当な条件を押しつけられていたり、まともな話し合いが出来ないような状態に陥ってしまっているような場合、弁護士が代理人となって示談交渉したり、または調停や裁判の遂行をしてもらうことが良いでしょう。そのような場合にも、必要に応じて専門の弁護士を紹介するなど、ワンストップサービスの提供が出来る体制を完備しています。

更新日:2013/07/29(Mon) 22:19

離婚相談bzへ直接移動  [修正・削除]

- 自由カテゴリ: [離婚](95) [離婚相談](8) [養育費](10) [慰謝料](21) [財産分与](7) [夫婦](9) [離婚協議書](6) [公正証書](19) [離婚調停](2) [協議離婚](2) [離婚問題](2) [浮気](65) [不倫](13) [調停](5) [裁判](13) [行政書士](65) [弁護士](43) [カウンセラー](5) [法律](52)